bunnoichi’s diary

高専から大学編入した野郎の激ユル仙台日記です

36本目の日記 〜行ったり来たり〜

群馬に戻る

前期も終わったことだし、群馬に戻ってきた。仙台では、群馬名物「焼かれてると実感できる陽射し」を感じることが出来なかった...。「1回ぐれぇ浴びたい」ということで帰ってきたはいいものの、なんだか全然熱くない。いや、暑いは暑いんだけども、熱くない。アメダスを見ると、35度を超えた日が数えるほどしか無い。どうやら、群馬の夏は6月末で過ぎ去ったらしい...。それでええけど。

帰郡工程

「帰ろう帰ろう」と思ってはいたものの、作成する書類が多すぎて&自堕落生活でなかなか帰れず。ようやく全てが片付き「明日帰ろう」と決意。

朝、珍しく7時起き。もう冷蔵庫には何も入れてないので、早朝もやってる飯屋まで原付きを飛ばし、腹12分目まで食う。

9時過ぎ、帰宅してバス停に移動。夏にあんだけの荷物を持って移動すると流石に汗ばむ。10時前、仙台駅着。

真夏の仙台駅

「とりま余裕もって着いたから常磐線で太平洋見ながら帰りちらすか?」と考えたりなんかしながら、みどりの窓口で学割効いた切符を買いに列へ。

全然進まん...。仙台駅1階の窓口がなぜか帰省ラッシュのはずなのに1つの窓口しか開いておらず、おまけに対応も空前絶後超絶怒涛の丁寧さだったため、5人しか並んどらんかったのに20分以上経過。「これはマズそう」ということで、2階にあったデカイみどりの窓口へ移動。でもやはりここでも待つ。

じーっと観察してると、20代前半の女3人組が15分以上1つのカウンターを占有してる。「切符1枚買うのに15分もかけられるなんてさぞゆとりある人生と高級な切符をお買い上げになられたんでしょうね!!!!」と鮮烈な反語賛辞を心のなかで申し上げながら待ちちらかす。

「やっぱ移動せんかった方が良かったか」という後悔虚しく、切符を買えたのは10時35分。常磐線の発車は36分だったので、ワシがボルトとか大迫とか設楽悠太でも無い限り間に合わなそう。ということで、アエルの書店で時間を潰す。加齢研の川島先生の書いたポストコロナはフルリモートやめとけみたいな本を読む。やっぱり、「お前絶対専門家じゃないだろ」みてえなよくわからん政治評論家とかが書いたこういう本は一切読む気にならんが、ちゃんと脳科学やってる人が実験重ねて科学的に示しながら書いたこういう本はすんごく面白い。

11時半過ぎ、そろそろ移動。東北本線のホームへ。長いこと読めてなかった猪瀬直樹の「昭和16年夏の敗戦」を片手に、座席につく。

東北本線

12時ちょうど、東北本線白石行発車。同48分着。同52分、東北本線福島行発車。13時27分着。白石福島間は田園、山々、森林がイイ感じに入り乱れていて、すごく好きな車窓だった。同39分、東北本線新白河行発車。郡山で30分停車の後、15時30分、新白河着。

新白河駅、ホームがおもしろい

新白河駅は、ホームの真ん中にコンクリートおっ立てて、1本のホームを2本のホームとして使ってるっちゅう、初めて見るタイプの駅だった。あと、新白河黒磯間の車両は常磐線と同じ車両(E531)で「両毛線とか上越線よりダンゼン良いの使ってやがる...」と少し羨む。同41分、東北本線黒磯行発車。16時4分黒磯着。同16分、宇都宮線宇都宮行発車。17時9分宇都宮着。

ここで、17時15分発の宇都宮線に乗るはずが、人身事故で遅延。結果、20分遅れの35分くらいに宇都宮線乗車。遅延しているJRお馴染みのクソ速運行に久々に乗り「うぉー本気だー」と思いながら車窓を眺める。

55分、小山着。「遅延したからちょっとは待ち合わせしてくれるじゃろ」と思っていた両毛線がまさかの定刻発車で、18時発の電車を逃す。しばらくホームでゆっくりし、18時30分、両毛線高崎行発車。群馬まで7つの電車に乗ってきたけど、両毛線がダントツでうるさかった。加減速時に床下からガッゴンガッゴンゆうし、ドア開閉する時も自己主張強めなシリンダー音するし。すごい「うわっ、両毛線だわ」ってなった。20時あたり、地元着。

久々に長いこと電車に乗って群馬に帰ってきた。ゆったり進む車窓に癒やされながら、前期の諸々がほぼ全て終わった開放感も相まって、ケツこそ痛かったけど割とリフレッシュになった。

再び仙台へ

帰群した約10日後、諸々の予定で再び仙台へ。具体的には、AAの件、途中で予定に入ったHくんとの懇談、そして例の件。偶然にも予定が固まってくれたので、上仙を決意。

「電車で行くのも荷物とかめんどいしなぁ」と思い、折角なので自分の車で仙台へ。しかもオール下道で。

「7時間くらいかかるんけぇ」とのほほんと考えながら、17時半前、引越し時に持ってこなかった荷物とかを持って自宅を出る。50号なんかを通りながら、ズンズンズンと進み、小山。「小山まで来るのに1,2時間...。到着が日の出越したらでうせよう」なんて思いながら、運転を続ける。

カーナビの案内に従って小山で曲がって国道4号に乗って、平出工業団地でさらに曲がる。「次の曲がり角どこや」と思って案内を見ると、約260キロほぼ道なり...。初めて見たし、パンサー尾形が水曜日のダウンタウンで「1000キロ先、右折です」ってナレーションさせられてるの思い出した。

この頃にはもう完全に日も沈み、暗い東北道を延々進む。栃木がクソ長い。

両側を工業団地に囲まれ高速道路のようだった国道も、いつの間にやら田んぼの中の片側1車線になり、ぐねった小ぶりな山を超えると、ついに福島県。ちょうど3時間くらい前に仙台育英が優勝したので「真紅のラッカーで車塗りたくって先に白河の関オジャマしちゃおうかしら♡」なんて思ったけど、仙台育英に失礼なのは当たり前だし、早く仙台着きたいもあり、東北道をそのまま突っ走る。

白河から福島まで至るバイパスは、信号こそあれど、高速のようだった。群馬県央だったり、中山道にはなかなか無い道路で新鮮だった。

福島市までの道中、メチャクチャ目を引くラーメン屋を見つける。

ここらへんの道路はひたすら山や田んぼに囲まれ、おまけに夜だったこともあり周囲はほぼ真っ暗。そんな中でギラギラきらめいてたこのラーメン屋は活力源のようだった。まさにバイパスオアシス。白河から約70キロ、小山からなら170キロ近く、延々直進してきたワシにはひたすら魅力的に見えた...。先を急いでたのと、店を認知したのが遅かったため、入店はできず。この後もひたすら直進。

23時半前、福島県町近くのファミリーマートで休憩。自宅を出て5時間、意外と眠くもならず、気づいたら福島市まで来ていた。ラスト約80キロ。もうここまで来ると、80キロとかすぐに感じてきた。

上仙時の印象深い国見峠を超え、ようやく宮城県白石市へ。街灯の一本もない片側1車線の真っ暗国道をひたすら北上。正直、あんまり記憶が残ってない。眠気からの無記憶ではなく、それほどまでに単調な道であった。

24時半前、ようやく名取市を超え、ようやく仙台へ。仙台市の看板を見たときには思わず声が漏れた...。25時前、ザ・モール長町で休憩。ワンセグをミヤテレからkhbに変えるとハマスカ放送部をやってた。そういやYouTubeじゃ見てたけど、バラバラ大作戦をテレビで見たのって初めてだった気がする。

24Hの西友で買い物すると、ハマスカ放送部がちょうど終わった。若干の期待で954kHzに合わせると、思った以上にクリアに聞こえる。なんなら群馬で聞くLFよりはっきり聞こえた...。やっぱり深夜に車で聞くラジオほど味のするものはねえ気がする。

そんなこんなで仙台の自宅へ。かなり疲れたけど、割と楽しい行程だった。

再び帰群、途中のらーめん屋

仙台での用事も終えたことだし、群馬へ帰る。本当は次の日の朝帰ろうかとも思ったけど、起きれる気はしなかったので、行きとほぼ同じ16時半。とその前に、一旦愛子方面へ出て、折角なので原チャリは通行禁止の仙台西道路を突っ走る。仙台駅前をワシの軽で通った頃には17時過ぎ。結果として仙台を出るのは17時半前となった。

「こりゃしばらく混むな〜」なんて思ってたけど、仙台名物クソデカ道路だったおかげで割とスイスイ進めた。あとはひたすら行きと同じ道を南下するだけ。約270キロ道なりも一緒。

行きはラジオとかワンセグを楽しんでたけど、帰りは自分のプレイリストをひたすら流す。

サイクリング熱中期から思ってたけど、行きより帰りのほうが圧倒的に短く感じる。行程が知れてて発見がないからなんだろうけど、そういう効果に名前あんのかしら。

名取、岩沼、柴田と進み、約1時間ちょいで白石へ。道中、行きには気づかなかったメチャクチャ気になる池を発見。

その名も「馬牛沼」。帰って調べると、その昔、坂上田村麻呂が馬から落ちて息絶えた地らしい。

bunbun.hatenablog.com

完全に日が沈んだわけではなく、若干空と山が分かる程度の暗がりだったので、この沼はかなり不気味に感じた。「不気味!」とか思いつつも、東山魁夷の絵に魅了されてるワシはなんだか惹かれ気味。鈴木竹柏とか、ぼやっとした山奥の風景画が好きで、最近なんか趣向がそういう志向になりつつある。

日も沈み、シルエットが判別しなくなってきた山々を見ながら進むと、気づけば国見を超え、桑折を超え、福島市を超え、再びバイパスに。とここで、行きに見たオアシス見てえなラーメン屋を再び発見するも、対岸だったのと、引き返すの割と面倒ってなことで、断念し、道中いい感じのラーメン屋見つけたら入るという作戦に。

「せっかく福島おるんやから、チェーンは違うよなぁ〜」なんて思いつつ、一旦車を止めていい感じの店がないか調べると、8キロ先にいい感じの店が。しかも国道を左折して100メートルくらい。ちゅわけで目的地セットしてそのお店へ。

喜多方らーめん日和田店

やってきたのは「喜多方らーめん日和田店」さん。国道から東に100m、周りを田んぼと工場(こうば)に囲まれたこの店は、ヘッドライトを覗いて唯一煌々とした場所だった。中に入る。

まずメニューを見てびっくりしたのが、メチャクチャ安い。醤油ラーメンのチャーハンセットを頼んだけど、普通900円くらい相場なところ、750円。ラーメン単品では、確か600円を切ってたと思う。

醤油ラーメンとチャーハン

中華鍋で飯を炒る音を楽しんでると、目の前に。手を合わせてスープを頂くと、メチャ旨い。しっかり醤油の味だけど、そこまでしつこくなく、「もう一口」とレンゲですくってるうちに完飲してしまった。チャーハンも超絶旨い。中華鍋による直ASMRを聴いたおかげで、余計にかもしれん。ごちそうさまでした。

そしてなんと言っても、店の方の対応がメチャクチャ良かった。時間が遅かったのもあり、入店時はワシ一人だけだったけど、威勢よく迎えてくれ、「すんませーん」と呼んだときなんかはご夫婦でハモって(同じ音量で)返事してくれた。支払いの時も「小銭いくらでもいいですよ(ニコリ)」と仰って頂き、物凄く気分良く店を出れた。

多分自分が今まで訪れた飲食店で最も気持ちの良い対応をしていただいた店で、応援したくなるような、近所だったら通い詰めてしまうような店だった。この店のGoogleの口コミ欄を見ても、店主の接客ぶりがわかると思う。この日記を見たワシの友人は全員行くように。

腹と心を膨らませ、再びハンドルを握る。1キロぐらい走ると郡山市外。道路が高架へと移り、キラキラした街を眺めながらアクセルを踏む。

たしかここらかちょっと過ぎたあたりで、プレイリストの曲がPerfumeになった。この間リリースされたPlasmaに収録の”マワルカガミ”。大学で静止状態で聞いたときはそんなだったけど、21時を過ぎたバイパスでこれを聴くとヤバい。どのくらいヤバいかは言語化したくない。実際に体験したほうが良いと思う。

この曲を流すだけでスピードが体感+50キロくらいになる(勿論現実に+50キロとかではなく)。結局2,3時間近くひたすらリピートしてしまった...。こんなにリピートした曲も"Pop Virus"と"いつか(SOMEDAY)"くらいだと思う。何回したかも忘れたほどに。

Perfumeをひたすらリピートしていると、いつの間にか白河、那須塩原、宇都宮と超え、小山。さらに国道50号に乗り、群馬へ。25時までPerfumeを鬼リピし、25時からは先週のメガネびいきをタイムフリー。ちょうど矢作さんが復活した週のやつ。

そんなこんなで帰宅。正直、Perfume効果がとんでもなくすごかった。今後夜に運転するときはマストの曲になるかも知れない...。

その他の日記

  • 14日日曜、久々に車を運転して実家めぐり。
  • 16日火曜、Mに呼び出しを食らい、Wの家へ。もんじゃをご馳走頂く。
  • 18日木曜、群馬高専へ。E科の人々に会い、カナイで食事。
  • 19日金曜、舞鶴高専生とOPAで買い物。この後、けやきで本を買う。
  • 22日月曜、離群上仙。
  • 23日火曜、AAの件が急遽なしになり、1日遅く来りゃ良かったなぁと思う。
  • 23日火曜夕方、春からお互いに認知してはいたものの話したことのなかったHくんと初めてまともに喋る at 青葉山中央棟。
  • 23日火曜&水曜、東北大学工学部編入学試験。今年は大講義室が3月の地震で潰れてるため、マテリアル系でやったらしい。
    1年前なつい
  • 23日火曜18時過ぎ、あおば食堂で編入高専生らしき子を見つけ話しかける。「時間的に化バイじゃろうか」と思って訊いたらそうだった。「応援してるぞ!!」と暴風域レベルの先輩風を吹かして退散。
  • 25日木曜、下仙帰群。
  • 26日金曜18時、ようやくおじゃる丸見れるとワクワクしてEテレを付けるも、やってない。おじゃる丸は月〜木のみと知り、愕然とする。
  • 27日土曜、インターン用のブリーフケースと、追加のシャツやら靴下を買う。
  • 27日土曜、その後で5ヶ月ぶりにバ先へ行く。警備のKさん、バイトのKくん、S、Wマン、おじいちゃんTさん、Nさん、社員のSさん、Wさん、Bさんなどなど、皆さんお変わり無く過ごしてたようで良かった。自覚はないけど皆さんから「痩せたねぇ」と言われ、Wさんからは「タンパク質ちゃんと摂りなよ〜、もやしなんかじゃダメだよ!」と、実の母以上にちゃんとしたこと仰っていただいた。Iさんだけは白河の店舗へご異動になったそうで、車で行った時に寄ればよかったと思った。
  • 28日日曜、インターン前乗り。初高輪ゲートウェイ。数年ぶりに皇居前広場を訪れたり、新橋のラーメン屋に入ったり、24時間テレビ終わった直後の汐留やら月島歩いたり、夜だけだったけど割と楽しく過ごせた。

共同じゃない通信(8.12[Fri]-8.28[Sun])

8.12[Fri]-8.14[Sun]
  • 台風8号、東海関東上陸
  • 野国務相、霊感商法検討会立ち上げ
  • ロッキンフェス、台風で最終日中止
  • 日航機墜落37年
  • NUMBER GIRL、再解散発表
  • 北九州母娘刺傷事件、東京都の高校生が近場で踏切死
  • 鬼越坂井、結婚
  • 知床海岸線、頭蓋骨発見
  • 維新代表選告示
  • HIKAKIN、イベントで不審者に絡まれる
8.15[Mon] - 8.21[Sun]
  • 終戦から77年
  • アフガン陥落から1年
  • 米議員団、訪台
  • 全米女子アマチュアゴルフ選手権、17歳馬場咲希が優勝
  • 岸田総理、コロナ全数把握見直し検討
  • 土石流遺族ら、熱海市長を告訴
  • てつや&峯岸みなみ、結婚報告動画
  • 日銀、みずほ銀行にマイナス金利適用
  • 大文字焼、3年ぶり完全点火
  • 長射程ミサイル搭載イージスアショア建造へ
  • 7月の貿易収支、約1兆5千億円赤字
  • 萩生田光一&生稲晃子統一教会八王子騒動
  • 東京五輪組織委高橋元理事&AOKI青木会長ら、贈収賄で逮捕
  • ハナエ・モリ、亡くなる
  • 日本製鉄君津、シアン流出隠蔽を公表
  • 竹島EEZ内で韓国調査船
  • 7月消費者物価指数、2.4%上昇
  • 性別変更女性子の認知裁判、東京高裁
  • サハリン2、JERAによる権益維持へ
  • 文科省、条件付きで学級閉鎖廃止へ
  • ニュージランド、子ども一生タバコ禁止法
  • 渋谷母娘刺傷事件、戸田市の女子高生逮捕
  • 長射程ミサイル保有検討へ
  • 岸田首相、コロナ感染
  • 3府県の感染者、東京都計上が発覚
  • 富山2歳男児行方不明事件
8.22[Mon] - 8.28[Thu]

夢見る男じゃいられない

久々の夢日記20日土曜、多分人生最恐の夢を更新した。

荒廃した平野に、自分始め面識のない人たちがいた。どうやら巨大津波が迫っているらしく、走って移動している。詳細は覚えてないが、最後のシーンだけは鮮明に覚えてる。高台が見当たらず、橋を超えた先にある洞穴の中の遺跡みたいなところに皆で非難した。大勢はその遺跡の中の少し高いところに避難したが、20歳前後の女性とマルモの時の芦田愛菜みたいな女の子が、何を考えたか、すぐ波が迫っている洞穴の外へ行こうとしている。

「ダメだ!戻れ!」との警告虚しく、その少女と女性は膨大な力を持った波により、遺跡の中の岸壁に押し潰された。何度も聞こえる骨を折る音、洞穴の中で響く波の轟音、悲鳴など、阿鼻叫喚地獄のようで、耳を思い切り塞ぐ自分が見えた。その少女と女性は、もはや圧死したのか溺死したのか、はたまた外傷で死んだのかもわからないほどに、凄惨な場だった。ここで目が覚めたが、自分の目覚め史上初めて動悸を起こしていた。

明日へ向けて

長いこと待ちわびた夏休みがやってきた。やりたいことは色々ある。てきとーにやる。