bunnoichi’s diary

高専から大学編入した野郎の激ユル仙台日記(フィクション)です

【クソ長文章】星野源の音楽ざっくり入門

星野源の音楽ざっくり入門の入り口

f:id:bunnoichi:20211222000812p:plain

様々な星野源

こんにちは、執筆者のぶんのいちです!突然の告白になりますが、私ぶんのいちは星野源さんが大好きです...というか敬愛してます...というか、病的にリピート再生してます...

「え?どのくらい好きかって?」という幻聴を頂いたので答えると、イントロ2秒で全楽曲当てられる&カラオケで全楽曲歌える(上手いとは言ってない)くらいに好きです。イントロクイズに関しては、シングル版かアルバム版かが分かるくらいに好きです。

そんな星野源中毒者のぶんのいちですが、実はこの間の工華祭(学校の文化祭)でミニFM企画に携わりまして、2時間分枠を頂いて源さんの楽曲についてただただ語り尽くす番組をやっておりました。放送事故にならないよう、予め原稿を用意して望んだのですが、原稿の時点であまりにエキサイトしていたらしく、2時間やって用意した原稿50%も読めないという自体に陥ってしまいました。このまま自己満足で昇華させても良かったのですが、折角なのでこのAdventCalendarにボンと載っけることにしました。

タイトルにもある通り、この記事では星野源のソロ楽曲について、"5つの時代区分"を導入しながら、その音楽性の変遷を辿っていく星野源の音楽ざっくり入門”をお届けします。本当であれば”オススメアルバム集”も書きたかったのですが、予想以上にこのテーマが長くなったため、それはまた別記事でご紹介します。

ここで1つの注意事項として、本記事は”俳優・星野源”あるいは”文筆家・星野源”についてはフィーチャーせず、あくまで”音楽家星野源”としてざっくりまとめする記事となっております。よって、この記事は

  • 星野源の音楽を時系列で追ってみたい方
  • 星野源の音楽をもう少し深く聴いてみたい方
  • 星野源が影響を受けた音楽が気になる方

といった方々へ向けた記事になるのではと思っています。また、クソ長文章なので、適宜読み飛ばしながら御覧ください。なお、関連するアーティストを紹介した際は、できるだけAppleMusicのリンクを貼っ付けるつもりですので、気になったら30秒だけでも聞いてみて下さい。

そんなこんなで、筆者がここ7年の間に醸成してきた星野源作品への想い、そして、聞いてきた音楽への想いを、20歳を迎えるここで今、吐き連ねる。

※文化祭ラジオ用に書いた自分向けの文章をコピペしてるため、常体敬体が混ざってたり、堅い表現があります。

この記事は 群馬高専 Advent Calendar 2021 24日目の記事です。

続きを読む

46本目の日記 〜新年早々悲喜交々〜

初夢

あんまはっきりは覚えていなけど、交通系の何かの容疑で警察から出頭命令が出される夢だった。「えー、明日出頭するんじゃ実験の出席間に合わないよぉ〜」って夢の中でぼやいてた記憶がある。夢の中ですら実験のこと考えてるんかってのと、出頭命令出るほどのことやったのに実験のこと考えてんのかってので、寝ている自分をタコ殴りにしたくなった。

新年早々、まったくもって夢のない夢だった。

いや待てよ、たしか背景にぼやっと富士山が映えてたような...たしかパトカーの上を鷹が飛んでたような...警察署の前のポストになすびがまだ懸賞出してたような......あ...どっちでもいいや...。

実験地獄

なんとなんと、約1週間で実験3回、レポート3本を出すという激シャバな年明けとなってしまった。精神限界マン、ここに誕生。

続きを読む

45本目の日記 〜年の瀬〜

1年おしまい

令和4年が終わった。今年は個人的にも人生で一番ぐらいに激動な年だった。まぁ、その話はまた後で。

研究室顔合わせ

19日月曜の14時45分から、研究室の顔合わせを行った。本当はオンライン授業やってなきゃあかん時間だったけど、この日以外全員集まれるタイミングがなかったので、ワシが自分から折れて、iPadで授業をつなぐだけつないで顔合わせをやるっちゅう感じで顔合わせた。

続きを読む

王道クリスマスソングを流し聴き 

王道クリスマスソングを流し聴き

お久しぶりです、執筆者のぶんのいちです。約1年ぶりに音楽の記事を書いている気がします。

私事ですが、大学やらサークルやらで適度に忙しく過ごしていましたが、ここ数日、急にお休みが出来てしまいました。折角なので、前々から書こうと思っていたクリスマスソング特集でも書いてみようと思います。

折角ついでなので、群馬高専のAdvent Calendarに載っけてもみようと思います。昨年の高専志望の中学生へ向けた記事星野源入門記事には非常に多くの反響を頂きまして、大変嬉しかったです。今回のは全く(...って言うと紹介する音楽家たちに申し訳ないけど...)盛り上がる気はしてませんが、聖なる夜、小粋なBGMをかけたいという方や、祝うことなどなくマジで何もやることがなければぜひご覧ください。

この記事では、ぶんのいちがこの時期によく聴いてる超王道のクリスマスソングを、物凄く付け焼き刃な紹介文といっしょに書いていきます。ある種、自分の調べ学習の整理と記録みたいな側面のほうがデカイかもしれません。

紹介されてる曲たちはだいたい古い曲です。なんで、back numberの"クリスマスソング"とかを期待していた方はスミマセン。三点倒立で謝罪します。まあでも、ぜひご覧いただければ。「あ!なんか聞いたことあるこの曲、こういう名前だったんだ!!!」っていう発見があれば、ぶんのいちとしては万々歳です。

紹介方法ですが、スタンダードは曲ごとにまとめて、その中で色んなアーティストのバージョンを紹介する感じで。では早速。

この記事は群馬高専 Advent Calendar 2022 23日目の記事です。

Jingle Bells

世界で最も有名なクリスマスソングの1曲の"Jingle Bells"。この曲の歴史は古く、マサチューセッツの作曲家、Lord Pirpontによって1850年に作られたと言われている(1857年とする説もある)。この説が本当ならば、今から遡ること172年前の曲ということになる。

そもそも、この曲は違う題で公表されていた。その名も"One Horse Open Sleight"。"One Horse Open Sleigh"も"Jingle Bells"も、サビ中の歌詞ではあるが、曲が市民権を得ると同時に、"Jingle Bells"として知られることになった。

www.kusc.org

この曲は歌詞も簡単だし、歌えるとイイかもね。

"Jingle Bells" - Frank Sinatra


www.youtube.com

多分一番聞いてるクリスマスソングの1曲。Sinatraのバージョン。御託は抜きで歌ってみよう。

www.udiscovermusic.com

"Jingle Bells (feat. The Andrews Sisters)" - Bing Crosby


www.youtube.com

"ラムとコカ・コーラ"で馴染み深いThe Andrews Sistersが参加しているBing Crosbyの曲。楽しい。

Santa Claus Is Coming to Town

日本語ではあまり聞かないかもしれないけど、有名なこの曲。1933年、Haven GillespoeとJ.Fred Cootsによって書かれた曲。メイシーズ・サンクスギビング・デイ・パレード(ニューヨークの感謝祭パレード)の期間中に初めて披露され、そこからわずか1月余りで30万枚も売り上げたらしい、30年代に。この曲も、非常に多くのアーティストが歌っている。

www.sundaypost.com

クリスマスソングの中で一番好きな歌詞してやがる。

*外をごらん、さあ泣かないで、しかめっ面なんかやめてさ

**サンタクロースが街に来るんだよ

リストを見て、よくチェックして

サンタは良い子と悪い子を見つけ出すんだ

サンタクロースが街に来るんだよ

サンタはキミが寝ているのを見ているし、キミが起きていることを知っているのさ

サンタはキミが良い子か悪い子だったかも分かるのさ

だからお願いだから、良い子でいてくれよ

(*, **繰り返し)

和訳byワシ。すんごく素敵な歌詞。なおも歌い続けたい。

"Santa Claus Is Comin' to Town" - Frank Sinatra


www.youtube.com

"Santa Claus Is Comin' To Town" - Mariah Carey


www.youtube.com

"クリスマスの女王"を商標登録しようとして却下されたことが先月話題となった、Mariah Careyのバージョン。やっぱり、彼女の曲は華々しい。ハナキン的なね。

"Santa Claus Is Coming to Town" - Ramsey Lewis Trio

モーリス・ホワイトの師匠としてお馴染み、ラムゼイ・ルイスのトリオバンドRamsey Lewis Trioのモノ。これは歌詞のないインスト曲。おされ、かっちょいい。

"It's the Most Wonderful Time of the Year" - Andy Williams


www.youtube.com

中1の時に初めて聴いてからずっとこの季節に聴いている曲。自分の調べ方が悪かったのか、Andy Williamsとこの曲について深掘る事ができなかった。折角なので、YouTubeのコメントを抜粋する。

This is like a Christmas hype song. It has energy, it has happiness, it has soul! A song so good you have to listen to it twice in a row. (by "Jack Lambert")

Winter Wonderland

「ウォーキンニンダウィンタワンダランッ」でお馴染み、"Winter Wonderland"。150以上ものカバーやバージョンがあるこの曲。

www.vulture.com

調べながら気づいたけど、この曲はクリスマスのことを歌ったのじゃなくって、冬のロマンスを歌ったものだった。作詞は、Richard B.Smith。およげ対訳くんを貼っておく。

oyogetaiyakukun.blogspot.com

"Winter Wonderland" - Bing Crosby


www.youtube.com

王道、クロスビーによるバージョン。

"Winter Wonderland" - Tony Bennett & Lady Gaga


www.youtube.com

"Cheek To Cheek"が話題となった、Tony BennettとLady Gagaの曲。カッコいい。

"Winter Wonderland" - Beabadoobee


www.youtube.com

2000年生まれ、気鋭のシンガーソングライターBeabadoobeeによるカバー。いい声。

"Winter Wonderland" - Doris Day


www.youtube.com

「ケ〜セラーセラー」でお馴染み、Doris Dayのバージョン。暖かい。

"Jingle Bell Rock" - Bobby Helms


www.youtube.com

この曲が出たのは1957年。back numberとかB'zのおかげで今の自分は違和感なく聞けるけど、当時のクリスマスソングと言えばほぼポップかキャロルかみたいな感じで、ロックンロールでやってる人なんかいなかった。現に、Bobbyもそういった疑念は抱いていたらしい。しかしながら、そういった疑念や不安感をすぐに払拭し、Bobbyはクリスマスの定番に押し上げた。

イントロとアウトロで鳴る暖かい軽やかな弦と、クリスマスを一瞬で表すスレイベルの音。この2音が緩急となって、ハリのある曲にしているんだと思います。

www.udiscovermusic.com

"Deck the Hall" - Nat 'King' Cole


www.youtube.com

 

「ファララララーンラランランラー」でお馴染みのクリスマスキャロル。キャロルというだけあってその歴史は長く、古く16世紀まで遡ることが出来る。

"Deck the Hall"としての英語詞はそこから時代が進んだ1862年スコットランド出身の作家であり、多くのオールディーズや民謡に新たな英語歌詞を吹き込んできたThomas Oliphantによって書かれた。

メロディーは、ウェールズ発祥の大晦日にまつわるキャロル"Nos Galan"より引用されている。

www.liveabout.com


www.youtube.com

"I Saw Mommy Kissing Santa Claus" - Jackson 5


www.youtube.com

中3の時に英語の授業で歌わされた曲。この声が出るのは子供かクロちゃんだけ...って言おうとしたけど、12歳でこんな表現力ある歌唱が出来るのは、Micheal Jacksonだけだった。詳細は以下の日本語記事で。

www.udiscovermusic.jp

Have Yourself A Merry Little Christmas

Hugh MartinとRalph Blaineが、映画"Meet Me in St.Louis(邦題 : 若草の頃)"の挿入歌として書いた1944年の名曲、"Have Yourself a Merry Little Christmas"。歌詞中に出てくる"Yuletide"とはクリスマスの古い呼び名であり、"Gay"とは陽気で楽しいという意味の、こちらも古い呼び名である。

www.npr.org

  

ew.com

今年は特に、いろいろなことがありましたね。そんな年の聖夜にはぜひ、労をねぎらうこの曲を。

"Merry Little Christmas" - Judy Garland


www.youtube.com

この記事を書いてて初めて知った、原曲を歌ったJudy Garlandのオリジナル。銀幕スター。

www.udiscovermusic.jp

"Have Yourself a Merry Little Christmas" - Mel Torme


www.youtube.com

アメリカのジャズシンガー、Mel Tormeによるバージョン。"Home Alone"でハリーとマーブが逮捕されたシーンで挿入された曲。幼心に、渋い声カッコいいと思ってた。

"Have Yourself a Merry Little Christmas" - Ella Fitzgerald


www.youtube.com

こちらも、アメリカで最も偉大なシンガーの一人、Ella Fitzgeraldによるバージョン。跳ねるようで、邦題の通り楽しい。

"HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS" - 山下達郎

tatsurosoftly.com

今年リリースの達郎さんのアルバム"SOFTLY"の初回限定版プレミアムCDのラストに収録されたバージョン。このプレミアムCDは、サンデーソングブック1500回を記念して行われたアコースティックライブからの厳選音源だった。中でも、本当にライブかと疑いたくなった素晴らしいパフォーマンス。音源は転がってませんが、どうしても紹介したく。

"Christmas Eve (English Version)" - 山下達郎

今年、37年連続オリコンTOP100にランクインした燦然と輝く、アルバム"MELODIES"からシングルカットされた山下達郎1983年の名盤"クリスマス・イブ"。もはや、日本人にとっては説明不要。

White Christmas

Irving Berlin作詞作曲の"White Christmas"。この曲といえばBing Crosbyという人は多いですが、初めて聴いたのは達郎さんのバージョンでした。

www.udiscovermusic.jp

"White Cristmas" - Bing Crosby


www.youtube.com

"WHITE CHRISTMAS" - 山下達郎

名盤"クリスマス・イブ"のB面に収録されているのがこの"WHITE CHRISTMAS"。一人多重コーラスによるこの曲は、賛美歌的な奥深さと包容力を持っていると思う。

The Christmas Song

なんともストレートなタイトル。1946年、Nat 'King' Coleによってクリスマスシーズンのスタンダードとしての地位を獲得したこの曲だが、実は作曲はMel Tormeとその作曲パートナーBob Wellsであった。しかも、この曲が1945年の真夏に書かれたというのだから驚きである。

www.npr.org

"The Christmas Song" - Mel Torme


www.youtube.com

"The Christmas Song" - Nat 'King' Cole


www.youtube.com

ジャケットからも分かるように、MelはホワイトでColeはブラックである。以下の記事によれば、キャピトルはそれを理由にColeの曲を突き返していたらしい。しかし、リリースの6週間前にColeが発表した"(I Love You) For Sentimental Reasons"によってスターダムを一気に駆け上がったことで、リリースの好機を得たという。

まさに、ギャフンと言わせた的な(...?)。

www.jazziz.com

"Happy Xmas (War Is Over)" - John Lennon & Ono Yoko


www.youtube.com

やはり、この曲を紹介せずには終われない。今年は残念ながら、戦争が終わらなかった。ていうか、残念ながら戦争が起きてしまった。

The Beatlesを解散し、ソロ活動に勤しんでいたJohn Lennonは2人目の妻オノ・ヨーコとともに、ベトナム戦争に対する抗議の意思でこの曲を書いた。

イルミネーションで煌々と輝く仙台の街、一人クリスマスのプレイリストを流しているとこの曲も流れてきた。歌詞をそばだてて聴くと、しばらく考え込んでしまった。

来年こそは、この歌を真正面から歌えますように。今の自分には祈ることしか出来ない。

終わりに

いかがでしたでしょうか。書こうと思い立ってから9時間でこの記事を書き上げたので、多少荒削りな所はありますが、曲を聴くだけでもそこそこの時間を潰せる内容になっているのではないかと、手前味噌ですが思っております。

本当ならば、"We Wish A Merry Christmas"とか"もろびとこぞりて"とか"赤鼻のトナカイ"とか"Let It Snow! x3"とか、まとめたい曲は山程ありますが、今日はこのへんで。

この記事から何かしらの興味が湧いてくれれば嬉しい限りです。

ご静読いただき、ありがとうございました。ではまた来年。

44本目の日記 〜完配御礼〜

終始

今、青葉山にいるより国分町周辺にいる時間のほうが長い。ってか光ファイバ始まる前日から、1日除いて毎日国分町周辺にいる。個人的には、今は大学の勉強なんかよりこっちの方が楽しいし、充実している。もう研究室も決まっちまったし院免取れる可能性もないならば、12月の残り10日間ぐらいは光ファイバと繁忙期になるバ先に心血を注いでも良いのかなと思っている。何よりやってて楽しいしね。

そんなこんなで、この日記は光ファイバに話が終始してる。大学より長く居りゃ、そうなるよねってことで。

12月12日の日記

ちょっと疲れてしまった。この数日間、色んなことを考えた。主に、自分の不器用さと、不出来さと、自分の苦手な人に対する接し方である。単刀直入に言えば、周囲に対する劣等感。考えれば考えるほど、自分が嫌になってきた。もうマヂむり、リスカ...はしないけど、宇都宮。

続きを読む

43本目の日記 〜始まった!!!〜

暦の上ではディセンバー

もう12月ですね。個人的にはまだ体感10月頭な気がしてんだけどそれは...。

暦の上ではディセンバーって去年もこの日記で言った気がするけど、まぁいっか。流行りの曲だし。

光ファイバの広報で

遡ること約2ヶ月前の10月16日15時頃、某光ファイバのOさん、Kさんと、学生のKちゃろうと一緒にパルコの1階へお食事に行ってた。その時Kさんから、「広報用のモデルやってくれる方探してるんだけど、学生の間で良い人いないかねぇ」という話になった。唐揚げ定食を貪りながら想いを巡らせてたら良案が浮かんだので言ってみた。

続きを読む

42本目の日記 〜怒涛・37連勤スターティン〜

仙台

大学編入に併せて仙台へ入って約8ヶ月、ようやくこの街に愛着というものが湧いてきた。それは、春夏秋冬、青葉山という(大?)自然はじめこの街の移ろいというものを感じてきたのもあるし、アーケードとかのイベントを一通り訪れてきたってのもある。もちろん、友達や大人含め様々な人と交流する機会が増えたってのもある。

そうして日々を過ごしていくうちに、段々とこの街に対する愛着というものが湧いてきた。もちろん自分にとっての郷里というのは群馬以外に一切の余地はないけれど、今はそれよりちょっと下かあるいは同じくらい、この街に対して慈愛というかなんちゅうか、そういう感情を抱いてきている。藤崎のCM歌っちゃいそう。

良きことである。ありがとう。

人間万事塞翁が馬

研究室が決まった。なんと...第1志望!!!(第3次配属の)

えぇ、真の第1志望ではないです。順番で言えば、第11志望。第1志望では無いんだけど、配属になった研究室で割と満足しちゃってる。

ぶっちゃけ、第6〜10志望あたりは「そんなねぇな〜」って感じで、授業受けて人柄良さそうだった先生をテキトーに入れてたから、能動的に選んだって意味では実質第6志望?

続きを読む